• 渡邊 優

以前、ある方に「自分の方が上だ」というパターンでマウントされた際、ものすごく嫌な思いをしました。腹が立って、ムカついて、悔しくて、とても不愉快な思いをしたのを覚えています。そしてその方には、不愉快だからもうやめて欲しいと話しました。その方は、もう2度としませんと約束してくれました。そして私は私で語りかけをし、白黒ワークをするのですが「もう軽くみられた、見下されたと決めつけるのはやめよう」という白パターンをいくら選んでも選べなかったのです。それもそのはず、その方は私を軽く見ていると仰ったので、あの人許せない、やり返したい!という腹立たしさや怒りは募るばかりで、ムカつきすぎて実際に具合も悪くなったのです。


その時の私のパターンは、●負けたくない、●舐められたくない、●見下されたくない、このあたりが総動員され、怒りとストレスがMAXとなり、思考もそれだけとなって瞼は重くなり、そんな時自分の顔を鏡で見た際、なんとどよんとした重い顔をしているのだろう思いました。しかしこのフェーズから出る術が見つからない…...そしてしばらく考えて、ふと思ったのが、もう許そう、もうその方を許そうというものでした。そしたら突然気分が軽くなり、肩の荷も降りて楽になったのです。


誰かを許すって、なんて事はない、自分のためだったのです。

他人を許すことで自分も楽になる。

初めての発見でした。


許すということで、自分にも他人にも、きっとよいものが流れてくるのだと思いました。

それだけ大きなエネルギーが許しにはある。そんなことを思いだした昔の出来事です。

最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で