• 渡邊 優

以前、ある方に「自分の方が上だ」というパターンでマウントされた際、ものすごく嫌な思いをしました。腹が立って、ムカついて、悔しくて、とても不愉快な思いをしたのを覚えています。そしてその方には、不愉快だからもうやめて欲しいと話しました。その方は、もう2度としませんと約束してくれました。そして私は私で語りかけをし、白黒ワークをするのですが「もう軽くみられた、見下されたと決めつけるのはやめよう」という白パターンをいくら選んでも選べなかったのです。それもそのはず、その方は私を軽く見ていると仰ったので、あの人許せない、やり返したい!という腹立たしさや怒りは募るばかりで、ムカつきすぎて実際に具合も悪くなったのです。


その時の私のパターンは、●負けたくない、●舐められたくない、●見下されたくない、このあたりが総動員され、怒りとストレスがMAXとなり、思考もそれだけとなって瞼は重くなり、そんな時自分の顔を鏡で見た際、なんとどよんとした重い顔をしているのだろう思いました。しかしこのフェーズから出る術が見つからない…...そしてしばらく考えて、ふと思ったのが、もう許そう、もうその方を許そうというものでした。そしたら突然気分が軽くなり、肩の荷も降りて楽になったのです。


誰かを許すって、なんて事はない、自分のためだったのです。

他人を許すことで自分も楽になる。

初めての発見でした。


許すということで、自分にも他人にも、きっとよいものが流れてくるのだと思いました。

それだけ大きなエネルギーが許しにはある。そんなことを思いだした昔の出来事です。

最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実