top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

以前、ある方に「自分の方が上だ」というパターンでマウントされた際、ものすごく嫌な思いをしました。腹が立って、ムカついて、悔しくて、とても不愉快な思いをしたのを覚えています。そしてその方には、不愉快だからもうやめて欲しいと話しました。その方は、もう2度としませんと約束してくれました。そして私は私で語りかけをし、白黒ワークをするのですが「もう軽くみられた、見下されたと決めつけるのはやめよう」という白パターンをいくら選んでも選べなかったのです。それもそのはず、その方は私を軽く見ていると仰ったので、あの人許せない、やり返したい!という腹立たしさや怒りは募るばかりで、ムカつきすぎて実際に具合も悪くなったのです。


その時の私のパターンは、●負けたくない、●舐められたくない、●見下されたくない、このあたりが総動員され、怒りとストレスがMAXとなり、思考もそれだけとなって瞼は重くなり、そんな時自分の顔を鏡で見た際、なんとどよんとした重い顔をしているのだろう思いました。しかしこのフェーズから出る術が見つからない…...そしてしばらく考えて、ふと思ったのが、もう許そう、もうその方を許そうというものでした。そしたら突然気分が軽くなり、肩の荷も降りて楽になったのです。


誰かを許すって、なんて事はない、自分のためだったのです。

他人を許すことで自分も楽になる。

初めての発見でした。


許すということで、自分にも他人にも、きっとよいものが流れてくるのだと思いました。

それだけ大きなエネルギーが許しにはある。そんなことを思いだした昔の出来事です。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page