top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今年の春から初夏ごろに行ったワークで、母親から言われたかったこと、というのをノートに書いて読んでいました。そこには、幼き自分から、今の自分、その自分に対して母親から言ってもらいたかった愛の言葉が沢山並べられていました。ちゃんと見守っているよ、好きなことしていいよ、大切に思っているよ、etc

その言葉の羅列を読んでいると、涙が止まらなくなりました。

私のパターン達(愛されたい、認められたい、理解されたい、大切にされたい)は、お金やあらゆる物品よりも、何よりもそれが欲しかったのです。


私自身、マザコンでも、とっくに親離れしていると思っていたので一番びっくりました。

しかし、胸が震えるような想いと、やって言って貰えたという感動、喜び、ずーと見放されていると諦めていた思いが解けてそれが衝動となり、涙が溢れてきたのです。

そんなことを一週間ほど続けたら涙が出なくなりました。


そしてやっと解ったのです。

パターン達はずーっとこれを求めていたのだと。これを求めるが故に、他人にもそれを求めていたのだと。愛が足りないと、パターンは我慢もするしいじけもします。そして私にではなく他者にそれを求めます。しかし他者も同じように愛を求めていることがほとんどです。つまり、他者からは貰えないということです。


長い時間をかけてやっと解った出来事でした。

パターンを愛することは大切なことだと。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page