• 渡邊 優

今年の春から初夏ごろに行ったワークで、母親から言われたかったこと、というのをノートに書いて読んでいました。そこには、幼き自分から、今の自分、その自分に対して母親から言ってもらいたかった愛の言葉が沢山並べられていました。ちゃんと見守っているよ、好きなことしていいよ、大切に思っているよ、etc

その言葉の羅列を読んでいると、涙が止まらなくなりました。

私のパターン達(愛されたい、認められたい、理解されたい、大切にされたい)は、お金やあらゆる物品よりも、何よりもそれが欲しかったのです。


私自身、マザコンでも、とっくに親離れしていると思っていたので一番びっくりました。

しかし、胸が震えるような想いと、やって言って貰えたという感動、喜び、ずーと見放されていると諦めていた思いが解けてそれが衝動となり、涙が溢れてきたのです。

そんなことを一週間ほど続けたら涙が出なくなりました。


そしてやっと解ったのです。

パターン達はずーっとこれを求めていたのだと。これを求めるが故に、他人にもそれを求めていたのだと。愛が足りないと、パターンは我慢もするしいじけもします。そして私にではなく他者にそれを求めます。しかし他者も同じように愛を求めていることがほとんどです。つまり、他者からは貰えないということです。


長い時間をかけてやっと解った出来事でした。

パターンを愛することは大切なことだと。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。