• 渡邊 優

見落としていた大きなパターン。

先日の個人セッションにおいて、師より教授頂いた内容です。


私は、女性の中に独りだけ、という体験を複数しています。

一つは魂の道場でのグループセミナー、女性5名の中に私一人。

もう一つはバレエスタジオにおいて、女性20名ほどの中に私一人。


どちらにいても、とても居づらい。

女性の中に男性一人は疎外感を感じる・・・

そう思うのは当然だと思い、疑いようのない事実だと信じていました。

しかし、この女性たちが笑顔で迎え入れてくれたら、私は疎外感を感じなかったと思う。


「自分からは入っていけない」という黒パターン。

この黒パターンは、皆んなから嫌な顔されたら、断られたら、男性としてのプライドが傷つくと思っています。女性の前でそんな姿を晒したら心が折れると。


感覚としてはこのパターン、対女性に限らず、小学生くらいの頃からあります。

「自分からは入っていけない」

裏を返せば、誘われるまで自分からは行けないんです。怖くて。

この弱々しく、自信のないパターン。

まだ見つけたばかりで、しっかりとケア出来ていませんが、せめて、このパターンが怯えず、怖がらずにいられる自分を作っていってあげたい。

そこを目指して今日も進もう。




最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると