top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分というものを客観的に見れば見るほどに、平凡さを実感しています。

どんな平凡さかを書くと長くなるのでここでは割愛しますが、そんな平凡な自分がどうして今まで特別でありたい、凄いと思われたい、上になりたい、認められたい、必要とされたい、大切にされたいなどの、人とは違う、本来の自分とも違う自分を目指してきたのか・・・

それはきっと他より優れていること、そこに自分の価値が生まれ、それが有利に働き、自分に徳になると思っていたのだと思う。勿論そこには、パターンが求める優越感という最高の快楽もあり、これは本当に麻薬のように作用する。そんな徳と麻薬を求めていたのだと思う。


そして平凡さとは決してダメなことではなく、平凡には何物にも変え難い自由があり、普通の可能性も、幸せもある。確かにその他大勢という括りに入るけど、その括りに入ったとて何も支障はないし自分は変わらない。


本当に大切なことは、自分を尊重し、尊厳を持って生きていく。そんなシンプルのことのように思います。何か特別な者になるよりも、こちらの方がとても大事なことのように思いました。


普通という枠の中で、ちゃんと生きてゆけばいいのだと。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page