• 渡邊 優

自分というものを客観的に見れば見るほどに、平凡さを実感しています。

どんな平凡さかを書くと長くなるのでここでは割愛しますが、そんな平凡な自分がどうして今まで特別でありたい、凄いと思われたい、上になりたい、認められたい、必要とされたい、大切にされたいなどの、人とは違う、本来の自分とも違う自分を目指してきたのか・・・

それはきっと他より優れていること、そこに自分の価値が生まれ、それが有利に働き、自分に徳になると思っていたのだと思う。勿論そこには、パターンが求める優越感という最高の快楽もあり、これは本当に麻薬のように作用する。そんな徳と麻薬を求めていたのだと思う。


そして平凡さとは決してダメなことではなく、平凡には何物にも変え難い自由があり、普通の可能性も、幸せもある。確かにその他大勢という括りに入るけど、その括りに入ったとて何も支障はないし自分は変わらない。


本当に大切なことは、自分を尊重し、尊厳を持って生きていく。そんなシンプルのことのように思います。何か特別な者になるよりも、こちらの方がとても大事なことのように思いました。


普通という枠の中で、ちゃんと生きてゆけばいいのだと。

最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的