• 渡邊 優

今朝サーフィンをしている時、いつもいる15歳の少年がいました。

その少年はいつも一人でサーフィンの練習をして、誰とも喋らず、ただ一人黙々と練習をし、学校の時間がくるとサッサと海から上がって行ってしまいます。


普通このくらいの年代の子であれば、海で友達と会えばワイワイして楽しそうにするのに、その子だけは全く違い、無駄口は一切なく、目つきが全然違うのがわかります。

何となく伝わってくるのです。その目の見ている先が全然違うのが。


そう思い今日話しかけてみました。

「プロになるんでしょ?」と

少年はコクッと頷き「はい、なります」と一言云いました。


少年はもう決めていたんです。

決めたことに、黙々と向かっているだけだったのです。

その少年の真剣な眼差しからは、他とは違う本気度があります。

それは、一人でいようが、誰にも理解されなかろうが「自分はプロになる」という強い意志があるからだと思いました。


一人になりたくない、とうい黒パターンの反対の在り方を、今朝、少年から学んだ気がしました。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。