• 渡邊 優

今朝サーフィンをしている時、いつもいる15歳の少年がいました。

その少年はいつも一人でサーフィンの練習をして、誰とも喋らず、ただ一人黙々と練習をし、学校の時間がくるとサッサと海から上がって行ってしまいます。


普通このくらいの年代の子であれば、海で友達と会えばワイワイして楽しそうにするのに、その子だけは全く違い、無駄口は一切なく、目つきが全然違うのがわかります。

何となく伝わってくるのです。その目の見ている先が全然違うのが。


そう思い今日話しかけてみました。

「プロになるんでしょ?」と

少年はコクッと頷き「はい、なります」と一言云いました。


少年はもう決めていたんです。

決めたことに、黙々と向かっているだけだったのです。

その少年の真剣な眼差しからは、他とは違う本気度があります。

それは、一人でいようが、誰にも理解されなかろうが「自分はプロになる」という強い意志があるからだと思いました。


一人になりたくない、とうい黒パターンの反対の在り方を、今朝、少年から学んだ気がしました。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で