top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今朝サーフィンをしている時、いつもいる15歳の少年がいました。

その少年はいつも一人でサーフィンの練習をして、誰とも喋らず、ただ一人黙々と練習をし、学校の時間がくるとサッサと海から上がって行ってしまいます。


普通このくらいの年代の子であれば、海で友達と会えばワイワイして楽しそうにするのに、その子だけは全く違い、無駄口は一切なく、目つきが全然違うのがわかります。

何となく伝わってくるのです。その目の見ている先が全然違うのが。


そう思い今日話しかけてみました。

「プロになるんでしょ?」と

少年はコクッと頷き「はい、なります」と一言云いました。


少年はもう決めていたんです。

決めたことに、黙々と向かっているだけだったのです。

その少年の真剣な眼差しからは、他とは違う本気度があります。

それは、一人でいようが、誰にも理解されなかろうが「自分はプロになる」という強い意志があるからだと思いました。


一人になりたくない、とうい黒パターンの反対の在り方を、今朝、少年から学んだ気がしました。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page