• 渡邊 優

ダメな自分を見たくない・・・

このパターンって、うん、ある。

自分を見ずに何かのせいにしていた時の状態は、ほとんどがこのパターンであったと思います。

力のない自分、弱い自分、カッコ悪い自分、情けなくて、惨めで、いつまで経っても成長しない、変わらない、思い通りにならない、そんな自分を、パターンは見たくないんだと思います。


きっとそんな自分を見たらイライラして、腹立たしくて、悔しくてガッカリする。そして、そんな自分を許さない。だから見たくないんです。


でも、これはやっぱり苦しい・・・

いつも悶々としてストレスを感じる。


でも最近は、そんなダメな自分もあっていいんじゃないかなって思うんです。

力がなくて、カッコ悪くて、弱くて変わらない自分。そんな自分をジャッジすることなく全て受け入れて許せることが出来たなら、きっと楽になれるんだと思うんです。


本当の強さを手に入れたければ、弱さを受け入れることから始まるし、本当の力が欲しければ、力のない自分を受け入れることから始まる。乗り越えるんじゃない、自分を受け入れることからなんです。


そのためには、一にも二にもワークなんだな〜

今日も基礎練習、やっていきます。




最新記事

すべて表示

責任

先日の茅ヶ崎セミナーで、カウンセラー仲間のMさんからこんなことを学びました。それは、黒パターンを放っておくと意味付けが変わらないままなので、そこをどんどん掘っていってしまう。白パターンを選ばない限り同じ意味づけのまま思考停止状態に陥る。また新たなものに変えても、動機が不安や恐れであるため結局一緒でまた同じ黒を掘っていくと。 確かにそうだと思いました。黒パターンで生きていた時の私がそうだったからです

本当の声

パターンの本当の声までなかなか耳が届かなかったりする。 語りかけをしていると、最初は腹立たしさや苛立ちから始まって、暫くすると悲しみや寂しさ、切なさというパターンの声が出てきたりする。 パターンの本当の声が聞けるまで随分時間がかかったなんて経験は幾度となくあって、それでも、本当の声を聞けた時はやっとパターンが救われたと安心感が生まれる。 日常生活でもきっとそうで、強がっていたり怒っているように見え

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com