• 渡邊 優

自分の落としどころをちゃんと作っていこうと思います。

自分に過度に期待をしたり、もしくは過去の栄光に縋ったり、過去の輝きにしがみついたりして自分を大きく見せようとするのは、今の自分を許していない現れなのだと思いました。


過去の栄光も、輝きも、自分への期待も、それらは幻で、今ある自分の現実ではないのだと思います。今の自分を受け入れるとは、私の持っている元々の素質、そして老化など、これらは思い通りにならないことや自分であり、努力ではどうにもできないことです。そのどうにもならない自分を許し(パターンを許し)自分と折り合いをつけて落としどころを決める。この自分でいいと。


時には諦めることもあれば、やめることや、離れることもあると思います。最初は今まで求めてきたもの(努力して手に入れる、諦めずに粘る、頑張る)とは違うので、変化に苦しむかもしれません。しかし、新たな在り方というのはこういうことなのだと思いました。


自分を許すからこそ、落とし所を決めて前に進める。

それは受け入れ、許すからスムーズであり、流れに乗れて、楽になる。

その過程ではきっと、諦める覚悟や勇気も養われるのだと思います。


自分と折り合いをつけて落とし所を決めるとは、そういうことなのだと思いました。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。