top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分の落としどころをちゃんと作っていこうと思います。

自分に過度に期待をしたり、もしくは過去の栄光に縋ったり、過去の輝きにしがみついたりして自分を大きく見せようとするのは、今の自分を許していない現れなのだと思いました。


過去の栄光も、輝きも、自分への期待も、それらは幻で、今ある自分の現実ではないのだと思います。今の自分を受け入れるとは、私の持っている元々の素質、そして老化など、これらは思い通りにならないことや自分であり、努力ではどうにもできないことです。そのどうにもならない自分を許し(パターンを許し)自分と折り合いをつけて落としどころを決める。この自分でいいと。


時には諦めることもあれば、やめることや、離れることもあると思います。最初は今まで求めてきたもの(努力して手に入れる、諦めずに粘る、頑張る)とは違うので、変化に苦しむかもしれません。しかし、新たな在り方というのはこういうことなのだと思いました。


自分を許すからこそ、落とし所を決めて前に進める。

それは受け入れ、許すからスムーズであり、流れに乗れて、楽になる。

その過程ではきっと、諦める覚悟や勇気も養われるのだと思います。


自分と折り合いをつけて落とし所を決めるとは、そういうことなのだと思いました。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page