• 渡邊 優

一昨日は茅ヶ崎芸術花火大会でした。

最近の大玉は単色ではなく、オーロラへと色が変わるものなんですね。

花火の進化を目の当たりにしました。


この芸術花火大会は今年で2回目で、昨年もやっておりましたが、私は見逃していたので今年はしっかり見れて良かったです。

この花火大会は特設会場が設置され、サザンの曲に合わせて花火が上がるという仕組みです。

そして有料です!

なので、花火が豪華絢爛なのです。

サザンの曲に合わせて上がる花火は、今まで見たどんな花火よりも綺麗でお洒落で美しく、見たこともない仕掛け花火や、珍しい大玉が上がっていました。

もちろん側からこっそりと見させて頂きました(笑


早いもので、私が湘南に越して来て6年が経とうとしています。

最初は夏になると、裸に短パンで歩いている風景に戸惑いも感じましたが、今では普通の光景に見えてます。そんな自由で緩いこの湘南土地が私は大好きです。

今回のような花火のイベント、盆踊り大会、お祭り、地引き網、このような行事の委員をやったこともありますが、みんなが本当に楽しそう!

是非こちらに来られる際には、何かのイベントと併せてみるのも良いかもしれません。


この湘南に越して来て本当に良かった。

この土地に感謝です。

ありがとうございます。




最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側