top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

一昨日は茅ヶ崎芸術花火大会でした。

最近の大玉は単色ではなく、オーロラへと色が変わるものなんですね。

花火の進化を目の当たりにしました。


この芸術花火大会は今年で2回目で、昨年もやっておりましたが、私は見逃していたので今年はしっかり見れて良かったです。

この花火大会は特設会場が設置され、サザンの曲に合わせて花火が上がるという仕組みです。

そして有料です!

なので、花火が豪華絢爛なのです。

サザンの曲に合わせて上がる花火は、今まで見たどんな花火よりも綺麗でお洒落で美しく、見たこともない仕掛け花火や、珍しい大玉が上がっていました。

もちろん側からこっそりと見させて頂きました(笑


早いもので、私が湘南に越して来て6年が経とうとしています。

最初は夏になると、裸に短パンで歩いている風景に戸惑いも感じましたが、今では普通の光景に見えてます。そんな自由で緩いこの湘南土地が私は大好きです。

今回のような花火のイベント、盆踊り大会、お祭り、地引き網、このような行事の委員をやったこともありますが、みんなが本当に楽しそう!

是非こちらに来られる際には、何かのイベントと併せてみるのも良いかもしれません。


この湘南に越して来て本当に良かった。

この土地に感謝です。

ありがとうございます。




最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page