top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

芸術は爆発だぁ!で有名な、岡本太郎展に行ってきました。

そのまんまの通り、大爆発していました。(笑

岡本太郎先生の人間性がそのまま表現されたような、すごい迫力と、力強さ、エネルギー、さらに調和、そして繊細さも持ち合わせている不思議な作品が多数展示されていました。


最初は、お〜〜!と迫力ある絵を楽しく鑑賞していましたが、段々とその迫力に圧倒されて、次第に疲れてきたんです。絵にもこういった力があるんですね。魂が込もっているのを感じます。


そして気になったのが、作品紹介されている太郎先生の文章にです。


「すべての人が芸術家としての情熱を己の中に燃え上がらせるべきだ」と一貫して大衆に訴えかけた。


「自分の人生に情熱を持って向き合え!そして創造しろ!」そう言われているようです。

カッコイイ!しびれるな〜!


人生とか、生きることとか、そういったことを徹底的に考えて、作品にしていったのだと思います。

だから、すごい。と感じるのだと思いました。

一流の持つオーラ、そして強さ、色んなものを受け取った展覧会でした。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page