• 渡邊 優

良い人でいたい。

なぜならば、良い人であれば嫌われないし、波風なく生きられるし、責められることも、責めることもないし、だから嫌な奴だと思われないし、傷つくこともない、などなど。

それほど良い人というのは、色々とメリットがあり、社会では害のない、認められている存在だとパターンは思っています。だから、いい人でありたい。


でも、本当にそうだろうか?

色々な問題から避け、目を瞑り、先送りにし、正直にならず、良い人という名の下で自分を守ることが本当にメリットなのだろうか?


否、違うと思う。

避けてきた問題に目を向け、真正面から向き合い、自分の弱さと向き合う。そちらの方がよほど勇気がいり、強くなるのだと思う。きっとそちらの方が魂にとってはメリットだ。

だから良い人という心地よい響きには注意が必要だ。


本当の良い人とは何かを、もう一度考えてみる必要がある。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が