• 渡邊 優

自灯明と法灯明という言葉を見ました。


お釈迦様が亡くなる際にお弟子さんたちが、「もしお釈迦様が亡くなられた後、私たちはこれから何を頼りに生きて行けばよいのでしょうか?」という問いにお釈迦様は、「自灯明そして法灯明を大切に生きていきなさい」という最後のメッセージを残されました。


自灯明というのは、何かを拠り所にするとしたら、それは外でもない自分自身である。そのような自分自身になりなさい。寄るべき自分を作りなさい。寄るべき自分を育てなさい。それが自灯明です。


法灯明というのは、お釈迦様自身ではなく、お釈迦様が教えたその教え、これを拠り所としなさい。

これが仏陀の最後の言葉でした。


2500年も昔から教えられていることは今と変わらず同じであり、非常に世の中の真理、人間の真理をついているのだと思います。


世の中とはそもそも移ろい易く、不確定です。今もたかがウイルスで世の中に大混乱が起きています。

そんな時に、自分自身を拠り所に生きれるようになりなさいと、2500年の時を超えて届くお釈迦様の言葉がとても有り難く、大切に感じます。



最新記事

すべて表示

仕事です。

突然ですが、仕事が決まりました。 今日からです。内容は、介護施設を紹介する営業職の業務委託です。営業先は主に病院のようです。業務委託なので時間はフリー。やった分だけの成果報酬です。ですが、介護関係は全くの未経験であり、さっぱり内容がわからないので、数ヶ月間、上席の方に同行して仕事を覚えます。 茅ヶ崎に越してきたのが2013年の秋。約8年間と、随分と長い間仕事をしていない期間がありました。途中、兄の

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的