• 渡邊 優

自灯明と法灯明という言葉を見ました。


お釈迦様が亡くなる際にお弟子さんたちが、「もしお釈迦様が亡くなられた後、私たちはこれから何を頼りに生きて行けばよいのでしょうか?」という問いにお釈迦様は、「自灯明そして法灯明を大切に生きていきなさい」という最後のメッセージを残されました。


自灯明というのは、何かを拠り所にするとしたら、それは外でもない自分自身である。そのような自分自身になりなさい。寄るべき自分を作りなさい。寄るべき自分を育てなさい。それが自灯明です。


法灯明というのは、お釈迦様自身ではなく、お釈迦様が教えたその教え、これを拠り所としなさい。

これが仏陀の最後の言葉でした。


2500年も昔から教えられていることは今と変わらず同じであり、非常に世の中の真理、人間の真理をついているのだと思います。


世の中とはそもそも移ろい易く、不確定です。今もたかがウイルスで世の中に大混乱が起きています。

そんな時に、自分自身を拠り所に生きれるようになりなさいと、2500年の時を超えて届くお釈迦様の言葉がとても有り難く、大切に感じます。



最新記事

すべて表示

思い通り

パターンはとにかく自分の思い通りにしたい。 外側の世界(人間関係)も、自分自身も、この社会も、何もかも全て思い通りにしたいんだと思います。そうすればストレスから解放され、苦しむことも辛いこともなく、楽で楽しいことだけで生きていける。そんな思い通りの人生となるように日々戦い続け努力する。それがパターンの心の叫びなんだと思います。 この思い通りにしたがるパターンは、非常に自己中心性が強く利己的なパター

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com