top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

数あるパターンの中で、あちゃーーと思うパターンは圧倒的にこの自惚れ屋さんです。

それは、自分はデキル、自分のが上だ、自分はイケてる、自分は正しい、などなどのパターンです。しかしこのモードから一転、一気に現実の自分を思い知ったとき、めちゃくちゃ恥ずかしくなります。


本当はデキてもいなく、上でもなく、イケてもいなく、しかも間違ってさえいる自分なのに、随分と高く見積もった自分が恥ずかしい・・おまけにドヤ顔でキメ顔まで作った日には穴があったら入りたいほど恥ずかしい!あーーー!恥ずかしい!


しかしそんな経験も最近ではギフトなんだろうと思っています。この恥ずかしい経験を重ねながら謙虚さを学んでいけたらいいなと思うんです。寧ろそうでもしないと学べないのかも?


この、どうよ俺、ドヤ!となりがちな自惚れ屋さん、本当に気をつけようと思いました。そして、本当の謙虚さを学んで行きたい、そう思います。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page