top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自己肯定感とは、他人から認められて得られるものだと以前は思っていました。

なぜなら、他人から認められれば自分に価値を感じられるし、自信にもなるし、他人よりも勝っていてすごい自分だと思えることが、自己肯定に繋がると思っていたからです。


しかし本当の自己肯定感とは、パターンとしてですが、自分をダメだと思ったり、自分の方が上だと思ったり、負けたくなかったり、あれこれ言われたくなかったり、そんな自分がバレたくなかったり、しかし本当は弱かったりと、そんな沢山の黒パターンを持っていながら、少しづつ新たな白パターンを選んで挑戦していく。時に黒パターンで言動してしまうこともあれば、またやってしまったと凹む時もある。しかしまた上を向いて亀のように歩いていく、そんな今の自分でいいと思えること。それが自己肯定感なのだと思いました。


お金があるとか、何かができるとか、いい車を持っているとか、成功しているとか、人よりすごいとかではなく、今のそのままの自分を許せる、認められることが、自己肯定感だと思ったのです。


以前抱いていた自己肯定感は際限がなく、終わりがありません。

もっともっとと他人に求め、それを得られないと苛立ちやストレスを抱えます。時にはあいつはダメだとジャッジしたり、同じように自分にもダメ出しをします。

そこに安らぎはありませんでした。


本来人が持つ自己肯定感ですが、これをしっかり自分の腹に据えて、育てていきたいと思いました。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Opmerkingen


Opmerkingen zijn uitgezet.
bottom of page