• 渡邊 優

自己肯定感とは、他人から認められて得られるものだと以前は思っていました。

なぜなら、他人から認められれば自分に価値を感じられるし、自信にもなるし、他人よりも勝っていてすごい自分だと思えることが、自己肯定に繋がると思っていたからです。


しかし本当の自己肯定感とは、パターンとしてですが、自分をダメだと思ったり、自分の方が上だと思ったり、負けたくなかったり、あれこれ言われたくなかったり、そんな自分がバレたくなかったり、しかし本当は弱かったりと、そんな沢山の黒パターンを持っていながら、少しづつ新たな白パターンを選んで挑戦していく。時に黒パターンで言動してしまうこともあれば、またやってしまったと凹む時もある。しかしまた上を向いて亀のように歩いていく、そんな今の自分でいいと思えること。それが自己肯定感なのだと思いました。


お金があるとか、何かができるとか、いい車を持っているとか、成功しているとか、人よりすごいとかではなく、今のそのままの自分を許せる、認められることが、自己肯定感だと思ったのです。


以前抱いていた自己肯定感は際限がなく、終わりがありません。

もっともっとと他人に求め、それを得られないと苛立ちやストレスを抱えます。時にはあいつはダメだとジャッジしたり、同じように自分にもダメ出しをします。

そこに安らぎはありませんでした。


本来人が持つ自己肯定感ですが、これをしっかり自分の腹に据えて、育てていきたいと思いました。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が