• 渡邊 優

自分を許していく。

この学びを始めてからからずっと続いているテーマであり、この学びを始めるまで考えてもいなかったことです。


今まではというと、こんな自分ではダメだ、もっとこうでなければならない、こうあるべきと自分を叱咤し、負の感情やネガティブな思い、考え、それらはいけないことであり、どうにも手にを得ないものとして見て見ぬふりをし、否定していたのです。


それらは妬みや僻み、怒り、腹立たしさ、不安や恐れ、悲しみや寂しさ、切なさ、孤独感、etc と言われるネガティブな感情のもので、それらは否定すればするほど暴れ、より一層自分を苦しめました。そしてそれはいつの間には自分だけに留まらず、他人のそれも許せないようになったのです。


しかし、妬みや僻み、不安や恐れなどのネガティブな想いを、あっていいものとして許し始めると、それらは自然と暴れなくなり、広く大きな目で自分を見守ることができるようになってきたのです。また他人も同じように、今までよりも少し大きな目で、見守ることができるようになってきました。


自分のネガティブなものに蓋をせず、許しという光を当てていくということは、より人を自由にし、楽にしていく道なのだと思いました。


この自分を許していくという道を、もっともっと色んな人に体験してもらいたい。

そんな風に思います。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。