top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を許していく。

この学びを始めてからからずっと続いているテーマであり、この学びを始めるまで考えてもいなかったことです。


今まではというと、こんな自分ではダメだ、もっとこうでなければならない、こうあるべきと自分を叱咤し、負の感情やネガティブな思い、考え、それらはいけないことであり、どうにも手にを得ないものとして見て見ぬふりをし、否定していたのです。


それらは妬みや僻み、怒り、腹立たしさ、不安や恐れ、悲しみや寂しさ、切なさ、孤独感、etc と言われるネガティブな感情のもので、それらは否定すればするほど暴れ、より一層自分を苦しめました。そしてそれはいつの間には自分だけに留まらず、他人のそれも許せないようになったのです。


しかし、妬みや僻み、不安や恐れなどのネガティブな想いを、あっていいものとして許し始めると、それらは自然と暴れなくなり、広く大きな目で自分を見守ることができるようになってきたのです。また他人も同じように、今までよりも少し大きな目で、見守ることができるようになってきました。


自分のネガティブなものに蓋をせず、許しという光を当てていくということは、より人を自由にし、楽にしていく道なのだと思いました。


この自分を許していくという道を、もっともっと色んな人に体験してもらいたい。

そんな風に思います。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page