• 渡邊 優

自分を許していく。

この学びを始めてからからずっと続いているテーマであり、この学びを始めるまで考えてもいなかったことです。


今まではというと、こんな自分ではダメだ、もっとこうでなければならない、こうあるべきと自分を叱咤し、負の感情やネガティブな思い、考え、それらはいけないことであり、どうにも手にを得ないものとして見て見ぬふりをし、否定していたのです。


それらは妬みや僻み、怒り、腹立たしさ、不安や恐れ、悲しみや寂しさ、切なさ、孤独感、etc と言われるネガティブな感情のもので、それらは否定すればするほど暴れ、より一層自分を苦しめました。そしてそれはいつの間には自分だけに留まらず、他人のそれも許せないようになったのです。


しかし、妬みや僻み、不安や恐れなどのネガティブな想いを、あっていいものとして許し始めると、それらは自然と暴れなくなり、広く大きな目で自分を見守ることができるようになってきたのです。また他人も同じように、今までよりも少し大きな目で、見守ることができるようになってきました。


自分のネガティブなものに蓋をせず、許しという光を当てていくということは、より人を自由にし、楽にしていく道なのだと思いました。


この自分を許していくという道を、もっともっと色んな人に体験してもらいたい。

そんな風に思います。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で