top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ。

このパターンは、なろうと思う理想の自分へと駆り立てます。


自分ではない理想の自分。

それは、こんな自分なら自信が持てるのに、こんな自分なら安心して生きていけるのにと思い、それが仮初の自分だとしても、そうなる事が自分にとっての成功であり、成長だと信じているのです。だから、そんな自分になろうとして奮起し、足掻き、そうなれない自分はダメだと嫌悪し、苦しんできました。


これが、今まで私が何度となく繰り返してきた道です。


しかし今、「今のそのままの自分を許していこう」この新たな白パターンを選んでいると、柔らかな安心感と、穏やかな優しさに包まれて、本当に楽な気持ちになります。

それだけ自分にプレッシャーを与えて生きてきたのだと思います。そうしないと生き残ってはいけないと。


しかし、何度となく痛い思いをしてやっと選べている今、これで良かったんだな。と、心底思えています。もっともっと、自分を許していこうと思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page