• 渡邊 優

人って不思議なもので、他人のことはよく見えて、あれこれ言えてしまいます。

しかし、自分のことは全然見ていなかったりします。


私もそうでした、「自分を見る」という作業がどういうものか全くわからなかったのです。

感情を感じるって、どんな感覚?どう思う?嫌じゃないの?そういったことをカウンセリングを受けた際によく先生に聞かれていました。それほど自分のことが見えていない、というよりも、自分のことが分からなかったのです。どう感じてどう思っているのか、快なのか不快なのかが。


今思うときっと黒パターンに飲まれ、目の前の出来事や生きることにいっぱいいっぱいだったと思います。そして同じように他人のことはよく見ていました。あいつはこうだ、こうに違いない、嫌なやつだと。


自分を見るということは、今の自分に気づくということで、何を感じ、何を思い、どう望んでいるのか。決してその望みは叶わないかもしれないけど、今の自分だけは受け止めることができる。


自分を見るというのは、自分を理解して受け止めること。

それは自分に愛を向けるということなんだと思いました。

それが出来て初めて、他にも愛を持てるのだと思う。

最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ