top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

日々自分を見ていると、現実の自分というものを知っていきます。

どんなことが苦手で、その時どんな感情が生まれるのか、それはどんなパターンなのか。

どんなことが得意で、どんな感覚でそれをやるのか。自分のパターンの傾向や引っかかる頻度や程度、そんな自分をどう上手く生かしていくのか、それが私の役目のような気がします。


私は完璧にはなれません。失敗もすれば間違いもしますし、鈍感なので人を傷つけることもあります。その一つ一つの自分という現実を知ることで、今よりも少しマシな自分になれると私は思っています。それは立派で完璧な自分ではなく、自然で嫋やかで、強い自分です。そのためには自分という現実を歪みなく見るという目が必要になります。ジャッジするでもなく、裁くでもない、ただただありのままの自分を見るという行為、そこには少しの勇気と、自分に対する理解があれば誰もができることだと思いました。


自分という現実を知ること。

それは、自分を愛するという行為の第一歩だと思いました。

自分を知らずして愛することはできないのですから。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page