• 渡邊 優

自分で自分を支える。

この心の筋トレ、今だからこその強化月間として取り組んでいます。


パターンの持つ、孤独、不安、恐れ、心細さ、萎縮、それら全てを持ちながらしっかりと立っていられる自分を目指しています。

普段の時よりも、このメガティブな感情は敏感に反応していると思われるので、それもあり。と府に落とし込んでから、強化のワークに努めています。


今までのワークの仕方、目的はどこか受動的。

辛いから、苦しいから、楽になりたいから、そして成長したいから。

それも全く間違ってはいないし、全然いいと思う。


けれど今の自分からは、自分の芯の強さを作って生きたい。そう思うのです。

自分を支えられない人間が他人を支えるなんて無理だと思うし、

自分をサポートできない人間に他人をサポートするなんて想像すらできない。


そんなわけで、この混沌とした世界で生じるパターンと向き合い、好機と捉えて取り組んで行っている次第です。


この取り組みはまだ始まったばかり。

しっかりと向き合って自分を支えて行きたい。

そう思うのでした。

最新記事

すべて表示

納得

この週末は「自分は一人では生きていけない」という自身のパターンについてじっくりと考えていました。パターンはなぜ、一人では生きていけないと思っているのか?最初に思ったことは、自分は一人では自分を支えられないし、自分は弱いからだというものでした。しかし、それらは一体、具体的にはどういう事なのか?ここを掘り下げてみたのです。 そうしたら出るは出るは…… 自分は誰かに愛されないと安心感を持てないし、誰かに

尊厳

先日の今年初の茅ヶ崎セミナーでは、最近の度重なる出来事を含め、自分の課題をしっかり認識することができました。それは自分の尊厳の回復。「相手を優先し、自分が我慢することが美徳」もしくは「理解あることが良し」など、それは自分が執着から離れたくないだけの理由でした。 ついにこの時がきたか、そんな心境です。それはずーっと手放したくなかったものを認め、依存や執着から卒業していく、子供の時に絶対に手放したくな

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com