top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を見ていてつくづく思うことがあります。

それは、人の成長には時間が掛かるということです。

特に自分のパターンを知り、全ては自分の問題だと受け入れるのには、私の場合、とても時間が必要でした。今でも後から気づくことがあります。あっ・・・俺の問題だった・・・と。


それまでは、あんなこと言ったあの人が悪い、ひどい、冷たい、失礼だ、自分は正しい、相手が悪い、などなど。しかし、よくよく自分の中を見てみると、そこには、負けた感じがして悔しい、受け入れられない、負けを認めたくない、そんなパターンの言い分が散見されます。


それは同じところでいつもつまづき、同じ失敗をし、やっと気がつく・・なんてこともしばしばです。

特に自分の弱さや、自分の間違いや、自分の負けを認めるのにはとても勇気が必要で、それら全てが自分の問題だったと気づき、受け入れるのには更なる時間と勇気が必要でした。


きっと人のせいにするというのは、その苦しさを人のせいにすれば楽になれるとパターンが思っているからなのでしょう。いっときはそれで楽になるかもしれません。しかしそれは、また同じところに戻ってくるという道のりでもありました。だからこそ、ちゃんと、ちゃんと、深慮深く考えて、ワークをし、次に繋げていく必要なあるのだなあと思いました。


「自分を待ってあげなさい」

以前私の先生が言っていた言葉です。

きっとそのことを一番解っていたのかもしれません。

人の成長には時間が掛かるということを。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page