• 渡邊 優

自分を見ていてつくづく思うことがあります。

それは、人の成長には時間が掛かるということです。

特に自分のパターンを知り、全ては自分の問題だと受け入れるのには、私の場合、とても時間が必要でした。今でも後から気づくことがあります。あっ・・・俺の問題だった・・・と。


それまでは、あんなこと言ったあの人が悪い、ひどい、冷たい、失礼だ、自分は正しい、相手が悪い、などなど。しかし、よくよく自分の中を見てみると、そこには、負けた感じがして悔しい、受け入れられない、負けを認めたくない、そんなパターンの言い分が散見されます。


それは同じところでいつもつまづき、同じ失敗をし、やっと気がつく・・なんてこともしばしばです。

特に自分の弱さや、自分の間違いや、自分の負けを認めるのにはとても勇気が必要で、それら全てが自分の問題だったと気づき、受け入れるのには更なる時間と勇気が必要でした。


きっと人のせいにするというのは、その苦しさを人のせいにすれば楽になれるとパターンが思っているからなのでしょう。いっときはそれで楽になるかもしれません。しかしそれは、また同じところに戻ってくるという道のりでもありました。だからこそ、ちゃんと、ちゃんと、深慮深く考えて、ワークをし、次に繋げていく必要なあるのだなあと思いました。


「自分を待ってあげなさい」

以前私の先生が言っていた言葉です。

きっとそのことを一番解っていたのかもしれません。

人の成長には時間が掛かるということを。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで