top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分を嫌うパターン。このパターンはひょんなときに顔を出します。

思い通りに自分がならなかったとき、理想の自分と違うとき、思うような結果が出ないとき、そんなとき、自分に嫌気が差して自分を裁くのです。こんな自分ではダメだと。

思い通りにならない自分に腹が立ち、イライラし、葛藤し、ストレスを感じます。


そんな「自分が嫌だ」というパターンに久しぶりに語りかけました。

勿論、思うところがあったからです。

パターンは安心したのか、安堵感と共に涙がツーっと流れてきました。

きっと待っていたのだと思います。こうやって理解してもらうことを。


もしかしたら日本人は、自分を責めることが非常に多いのではないかと思います。

自分に厳しく、何事にも謙虚であり、こうあるべき、的な、そんな哲学が、自分を責める原因でもあるのかな?と思いました。


そうしたら、自分に優しく、何事にも自由であり、どうあってもいい。

そんな風に自分(パターン)に対して思ってもいいのかもしれません。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page