top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

昨日の続きとなりますが、自分に対して、良いところと悪いところがあると思い、そう信じていると、自分を見るのが嫌になります。というか、目を背きたくなる。悪い部分の自分はダメで、そこを見る度に自分はダメだと思うから、それは苦しい、だから見たくなくなるんです。


そもそも、良い悪いとか、正義と悪とか、優劣とか、上下とか、そういった評価のもとで生きていると、自然と自分もその枠の中に入れてしまいがちです。しかし、その枠を取っ払って、優劣などない、ただあるものとして捉えた時、良い悪いと思っている自分のパターンは、ただの小さな子供のように思えました。


この感覚が大事なのだと思います。

差別なく受け入れていくことがこの子(パターン)を救い、また自らをも自由にするのだと思いました。差別には傷つくことが付きまといます。それは自分に対しても同じで、自らを差別することで、知らず知らずのうちに自分を傷つけていたのだと思います。


自分を差別しない。それは、自分を大切にすることだと思いました。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page