top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分は正しい、という私の黒パターンのことを考えていました。どうして自分が正しくなくちゃいけないのかと・・・


他人との関わりの中で、自分が正しいと思う時、その正しさを他人に証明して押し付けたくなります。

なぜなら自分が正しければ、勝てるし、上になれるし、尊敬されるし、価値のある人間だと思われるし、認められる、だから自分は正しいし、そう証明したいんだと・・


今までの私の人間関係の軋轢のほとんどが、この自分は正しい、のぶつかり合いだった気がします。

相手に自分の正しさを投げつけて、言い負かし、勝って、自分の思い通りにしたかったのだと思います。しかし残念ながらそうならないことが殆どです。だからそんな自分の正しさが通らないと、悔しくて、腹が立って、屈辱心と敗北心を抱き、思い出すたびにムカついていました。


そうやって自分の正しさに囚われて、自分を苦しめていたのです。


そして私が以前から選んでいる白パターンが、

◯もしかしたらもう、自分の正しさに囚われて、自分を苦しめなくてもいいのかもしれない。

それを選んでいくと、自分の中に安心感と安堵感を感じるほかに、他人の正しさを聞くスペースが少しできる気がします。きっと自分への理解が深まると、他人への理解も育まれるのだと思いました。


そうやって少しづつ人は進歩していくのだと思います。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page