• 渡邊 優

自分は正しい、というよりも、自分達のやり方の方が絶対いいものだ、というパターンがることに気がつきました。それは、同業者の方や同じような学びをしている方から気付かされたものです。


どうしてそう思うのか考えてみると、このワークはすごく効果的だし、気持ちも楽になって、真理があり、成長すると、パターンは思っているのです。


そして自分と違うやり方を促されると、不快感や、競争心や、ストレスを感じる、

だから、自分達の方が絶対にいいものだ。


そうかぁ〜〜

そうなのかぁ〜

パターンは絶対にこっちの方がいい!と決めつけているわけです。


きっと、中立ワークの中心にあるように「絶対ではない」という領域が必ずあって、正直今はそれは分かりませんが、自分にとって良いと思っている分には問題ないけど、やもするとそれを他人に押し付けてしまう。それは違うよね、と思うのです。


このパターンを放っておくときっと押し付けてしまう。


まずは、このパターンからしっかりとケアしていこうと思います。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、