• 渡邊 優

この勉強をしてると「自分は正しい」そんな風に思う時があります。自分を見て(パターンを見て)、ワークをして、人よりも色々な事がわかっている、だから自分は正しいのだと。


この「自分は正しい」が強いと、他人の正しさを理解できなくなる時があります。それは自分の正しさだけを信じ、自分の正しさに囚われ、ついにはその正しさで自分自身を苦しめます。それは自分が正しくて相手が間違っていると言う風に、常に自分の正しさを証明しようとしたり、時に間違っている自分がいても受け入れられず、当然他人も受け入れられずに常にストレスや不満を抱えます。それほどまでに「自分は正しい」というパターンのエネルギーは強いように思いました。


私も以前はこのパターンが強く随分と苦しみました。先生の言うことにも引っかかり、友達や仲間の一言にも引っかかりと、あらゆるところで引っかかり、そして疲れるという悪循環だったのを覚えています。しかしこの苦しさから私を解放したのは「もう自分の正しさに囚われて、自分を苦しめるのはやめよう」この白パターンの一言だったのです。

それからです。バレエの先生、カウンセラーの先生、仲間や友達の言葉がそのまま少しずつ自分の中に入るようになってきたのは。


自分の正しさに囚われず、新たなものや先人の知恵を取り入れて生きていくということは、非常に豊かで有意義なことだと実感しました。

今はこれらを自分にインストールしていくのがたまらなく楽しいです。

最新記事

すべて表示

もう思い通りにしなくていい 何もかも

私はバツイチです。 離婚の原因は、性格の不一致、と言ってしまえばそれまでですが、やっぱり「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」の、お互いのパターンの応酬だったと思います。 男女の喧嘩のほとんどの原因がこの「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りにしたい」のパターンが原因の気がします。思い通りに自分のことを分かって欲しいし、理解して欲しい。思い通りの旦那、彼氏、妻、彼女であって欲しい。でも、思い

自分で自分の機嫌をとる

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。 そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。 以下はひろゆきの言っていたことですが。 「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。 自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでし

パターンとの関係

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。 この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。 それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます