• 渡邊 優

この勉強をしてると「自分は正しい」そんな風に思う時があります。自分を見て(パターンを見て)、ワークをして、人よりも色々な事がわかっている、だから自分は正しいのだと。


この「自分は正しい」が強いと、他人の正しさを理解できなくなる時があります。それは自分の正しさだけを信じ、自分の正しさに囚われ、ついにはその正しさで自分自身を苦しめます。それは自分が正しくて相手が間違っていると言う風に、常に自分の正しさを証明しようとしたり、時に間違っている自分がいても受け入れられず、当然他人も受け入れられずに常にストレスや不満を抱えます。それほどまでに「自分は正しい」というパターンのエネルギーは強いように思いました。


私も以前はこのパターンが強く随分と苦しみました。先生の言うことにも引っかかり、友達や仲間の一言にも引っかかりと、あらゆるところで引っかかり、そして疲れるという悪循環だったのを覚えています。しかしこの苦しさから私を解放したのは「もう自分の正しさに囚われて、自分を苦しめるのはやめよう」この白パターンの一言だったのです。

それからです。バレエの先生、カウンセラーの先生、仲間や友達の言葉がそのまま少しずつ自分の中に入るようになってきたのは。


自分の正しさに囚われず、新たなものや先人の知恵を取り入れて生きていくということは、非常に豊かで有意義なことだと実感しました。

今はこれらを自分にインストールしていくのがたまらなく楽しいです。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ