• 渡邊 優

自分はダメだ・・・・これも私のパターンです。

このパターンも、もう随分前からお付き合いしています。

かれこれ何年になるのだろう・・・

このパターンと向き合ってから、もう何年にもなるのですが、かなり根強くそのパターンはあり、年に何回かガツンとパターンが騒ぐ傾向が私にはあります。


それは仕事を失敗した時や、何か物事を間違えた時、自分のハードルを上げすぎた時や、バッサリと言われた時など、状況も時々で変わるので内容は変化しますが、毎々落ち込み、凹み、自己嫌悪となり、存分に苦しみ抜きます。


またこのパターンはそれこそパターンらしく、出来上がったルーツも分かり易かったです。

私は父から、お前はダメだ、お前は泣き虫でダメなやつだ。と幼少時に怒られながら渾々と言われ続けた経験から備わったパターンだと分かります。(今は全く言われないですよ)

このパターンはダメだと言われることを恐れ、自分はダメなんだ。でもダメだと怒られる、打たれる、傷つく、ボロボロにされる、とパターンは思っています。そこには、恐れ、不安、孤独、絶望があり、幼き頃からの長い歴史を感じさせます。


非常に重さのあるパターンですが、これをしっかりと救済して、この経験を生かした、誰かの勇気に変えられるパターンに育てて行こうと、そんなことを思わせるパターンでもあります。

例年になく、雪の少ない富士山です。


最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的