top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分はダメだ・・・・これも私のパターンです。

このパターンも、もう随分前からお付き合いしています。

かれこれ何年になるのだろう・・・

このパターンと向き合ってから、もう何年にもなるのですが、かなり根強くそのパターンはあり、年に何回かガツンとパターンが騒ぐ傾向が私にはあります。


それは仕事を失敗した時や、何か物事を間違えた時、自分のハードルを上げすぎた時や、バッサリと言われた時など、状況も時々で変わるので内容は変化しますが、毎々落ち込み、凹み、自己嫌悪となり、存分に苦しみ抜きます。


またこのパターンはそれこそパターンらしく、出来上がったルーツも分かり易かったです。

私は父から、お前はダメだ、お前は泣き虫でダメなやつだ。と幼少時に怒られながら渾々と言われ続けた経験から備わったパターンだと分かります。(今は全く言われないですよ)

このパターンはダメだと言われることを恐れ、自分はダメなんだ。でもダメだと怒られる、打たれる、傷つく、ボロボロにされる、とパターンは思っています。そこには、恐れ、不安、孤独、絶望があり、幼き頃からの長い歴史を感じさせます。


非常に重さのあるパターンですが、これをしっかりと救済して、この経験を生かした、誰かの勇気に変えられるパターンに育てて行こうと、そんなことを思わせるパターンでもあります。

例年になく、雪の少ない富士山です。


最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page