top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分の方が上・・・

色々なところで出てくる私のパターンです。


精神性が自分の方が高いから自分の方が上、年齢が自分の方が上、女性より男性の方が上、友人よりも自分の方が上、クラスの仲間よりも自分の方が上、サーフィンをしている時も、釣りをしている時も、比べる対象があればどちらが上かと判断するパターンです。その中でも今取り組んでいるのが「女性よりも男性の方が上だ」というパターンです。なぜならば、この世界は男性が作っているし、男性が一家の大黒柱だし、男性の方が重い責任を強いられているからだとパターンは言います。(実際は大それたことは一つもしていないのに・・です)


きっと男性が女性に何かを言われて極端に怒っている時は、このパターンに引っかかっているのだと思います。自分よりも下の女性に言い込まれて負けるのが許せないんです。男のプライドというやつです。このパターン、あまりに普通にあるので中々気付けないでいましたが(自分は女性よりも上だなんて、男尊女卑のような考えは持っていない、と思っていましたが)中々大変なんです。このパターンでいると・・・


現実には、自分よりも強い女性は沢山いるし、賢い女性も山ほどいるし、精神性の高い女性も数えられないほどいます。それを受け入れられずに抵抗していると、パターンに引っかかった時はもう大変大変、悔しさに怒りに、ムカつきにストレスと、不快感MAX で心身を蝕んでいるのが手に取るように分かるんです。

なので、そんなパターンをケア中です。


毎度毎度思うことですが、ここを超えるとどこにいくのだろう。

それは、パターンが落ち着いてからのお楽しみにしておきます。

淡々と着実にね。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


bottom of page