top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分のことを今一度、どうありたいのか?と自分自身に問い、考えたとき、やっぱり、本当の「私」として生きて行きたい。

それはパターンからのバイアスがかかっていない状態で、大袈裟に言うと、意識的であり、常に目覚めているような感覚。

目覚めているという表現も変なんだけど、きっと人間は元々がこの状態で、パターンや外部からの情報というバイアスがかかると、思い込みや決めつけという状態になってしまうのだと思う。


今の社会状況もきっとそうで、全員で思い込み、決めつけているようにも思えてくる。それはまるで、集団催眠にかかっているよう。しかし、私もそうだが、当事者として無意識でいるときは、自分が思い込んでいて、決めつけているとは中々思えないものだったりもする。


だからこそ、自分の在り方というものをど真ん中に置いて、常に自分を観察する努力が必要なのだと思った。


「自分の在り方」

それは意識的であり、観察者であり、現実的である。

それを今一度思い出して、取り組んでみようと思う。


最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page