top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近自分の位置、成長のレベルをちゃんと捉えるように気をつけています。


このパターンはまだケアが必要だとか、このパターンはまだ越えられていない(許せていない)、まだ思い通りにしようとしている、理想を求めてしまう、自分自身を色眼鏡で見ることなく、できる限りそのままの等身大の自分を観察するようにしています。


しかしパターンは言います。自分、まだまだだなとか、このレベルかとか、自分をジャッジするような言葉で自分を責めます。以前はそんなレベルの自分が許せなくて、足掻き苦しんでいました。

そして、自分に対してまだまだだと言っているパターンにも語りかけて、冷静になったとき、自分の位置を確認しようと思いました。そう思ったとき、パターンを一つ一つ見るのも大事ですが、総体的に自分を把握するのも大事ではないかと思ったのです。むしろその目がないと自分の位置を確認できないと。


それは全体を見る目です。

そこには大きな眼差しがあるようにも思いました。

慈悲のような、許しのような、大きくて暖かな眼差しです。

一つ一つを受け入れながらも、全体をまとめ、引っ張っていくリーダシップのようでもあります。


この自分を大きく捉えるという新たな目、この目にはジャッジがありません。

おおらかです。その目で自分を捉えていけばいいんだと思いました。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page