• 渡邊 優

最近自分の位置、成長のレベルをちゃんと捉えるように気をつけています。


このパターンはまだケアが必要だとか、このパターンはまだ越えられていない(許せていない)、まだ思い通りにしようとしている、理想を求めてしまう、自分自身を色眼鏡で見ることなく、できる限りそのままの等身大の自分を観察するようにしています。


しかしパターンは言います。自分、まだまだだなとか、このレベルかとか、自分をジャッジするような言葉で自分を責めます。以前はそんなレベルの自分が許せなくて、足掻き苦しんでいました。

そして、自分に対してまだまだだと言っているパターンにも語りかけて、冷静になったとき、自分の位置を確認しようと思いました。そう思ったとき、パターンを一つ一つ見るのも大事ですが、総体的に自分を把握するのも大事ではないかと思ったのです。むしろその目がないと自分の位置を確認できないと。


それは全体を見る目です。

そこには大きな眼差しがあるようにも思いました。

慈悲のような、許しのような、大きくて暖かな眼差しです。

一つ一つを受け入れながらも、全体をまとめ、引っ張っていくリーダシップのようでもあります。


この自分を大きく捉えるという新たな目、この目にはジャッジがありません。

おおらかです。その目で自分を捉えていけばいいんだと思いました。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。