top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「自分の中に起きていることだけをやればいい」岩手の合同会で私の耳に残った言葉です。


パターンは幻想を追い求めます。理想の自分、理想の他人、理想の環境、理想の両親、理想のパートナー、理想の仕事、そんな幻を求めると本当に苦しくなります。私もそうです。理想という自分を求め、そうなれない自分を責めます。思い通りの環境や人間関係を求め、そうではない環境や関係と、自分に辟易します。

そんな時、周りのことを考えます。あの人はなぜ?どうしてあんなことを言うの?どうしてこんな状況なの?と自分以外の他人や、場について考えました。

ですが、そこをいくら考えてもそこは変わりません。むしろ、考えるだけ無駄でした。


「自分の中に起きていることだけをやればいい」それは、自分の中に起きている問題は自分にしかできないし、他人にはできないのだと思います。人の内側で起こることというのは、そういう風にできているのだと思いました。


今思い返してもそうです。自分の中にある本質的な問題を、他人がどうこうすることはできません。自分が向き合い、受け入れて初めて変化が生まれます。他人ができることと言えば、ナビゲーションだったり、共に考え、向き合うお手伝いまでです。


そこはピアノも同じで、次の課題を教えてもらっても、やるのは自分です。時間と労力をかけて練習し、自分のものにしていくのです。もしかしたら全てのことが、そのようにできているのではないかと思いました。


理想を求めず、淡々と自分の中に起きていることだけをやればいい。

真理のような気がします。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

תגובות


bottom of page