• 渡邊 優

最近自分のレベルをつくづく痛感しています。平凡なのは当然のことですが、いや、平凡よりも下ですね。そんな自分には沢山の黒パターンがあって、なかなか白を選べずにいる弱い自分がいたり、どちらかといえば今まで漆黒の黒パターンで生きてきて、まだその余韻をたっぷりと引きずっている。そんなレベルの自分です。


そんな自分を痛感し、ショックでもあり、結構やってきたんじゃない?自分、なんて思っていたことに恥ずかしさや情けなさも感じています。


しかしながら、結局は今の自分のレベルをちゃんと認識して、足元をしっかり見て、一歩一歩頑張っていくしかないのだと思いました。


そして自分のことなので、誰かがやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、また誰に頼ることもできない、自分でやるしかないという覚悟を、初めて理解したのかもしれません。


私のパターンは兎角誰かに頼ろうとします。

それは、認めてもらって安心を得たり、理解され大切にされて自分に価値を得たりします。

そのパターンが顔を出すたびに、でかいノートに書いて、語っている最中です。


今はこの自分のレベルから目を逸らさず、しっかりと向き合っていこうと思います。

なぜなら、そこからしか進めない。




最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実