top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

全ては自分のため。

この人生も、学びも、ワークも、迷いも、悩みも、失敗も、諦めも、あらゆることが自分のためになり、セッティッングされているのだと思う。

この日記も、パターンとしてはもっともらしいことを書きたいし、もっと気づきある内容を書いていきたい。けど、そうではない自分に無力感や虚しさを感じたりもする。

「自分を嫌う」というけれども、こういう時、まさに自分を嫌っている節がある。

こうでなければダメだ、こうあらねばと自分を縛り、そしてそのパターンに気づいてまた自分を解放していく。少しづつ少しづつ自分を受け入れて許していく。


一気に全ての自分を許せたらどれだけ楽だろうといつも思うけど、なかなかその境地にいくには少し時間が必要かも。


けれども、その全てが自分のためだと思えたら、なんか少し受け入れられる気がする。

自分に起こることは、どんなことでも何一つ無駄はないのかも。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page