top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近、自分に恥じない生き方とは、そんなことを考えていました。

自分に恥ずかしくない生き方をしたいんです。


どんな生き方かというと、他人を利用しない、他人で自分の黒パターンを満たさない、色欲、物欲、金銭欲、様々な欲に負けない自分、覚悟を持てる自分、強い自分、そんな自分に恥じない生き方をしたいと思っています。


なぜそう思うのか・・・その逆を全てやってたからです。

他人を利用し、他人で自分を満たし(承認欲求など)、あらゆる欲望に駆られ、覚悟も持てず、引き受けられず、怖がりで臆病で、そんな弱い自分だったからです。もちろん本当の私はそうではない、ということは頭では理解していますが、体験として強い自分、自分に負けない自分というのを経験したいと思っています。


そのためにはやはり自分を見続けることが大切だと思いました。

今までのものを選ばない自分であるために、白パターンを選ぶ私であるために、自分を見続けて選択権を常に持ち、白パターンで行動できる自分です。自己管理にも似ていますが内側の管理になるため、どうしても今まで通りの癖や在り方が顔を出します。当然欲求もです。瑣末なことから大きなパターンまで常に見て、自分に恥じない生き方をしていこうと思います。

最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Comments


bottom of page