top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分に嘘をつく。


怒っていないフリをする。

傷ついていないフリをする。

寂しくないフリをする。

私は大丈夫ですよと、何でもないフリをする。


男だから、社会人だから、大人だから、そんな素振りを見せてはいけない・・・

そう教えられ、自分でもそう言い聞かしてきました。

なぜなら、弱みを見せないよう、カッコ悪と思われないよう、波風を立てないよう、プライドが傷つかないようにして、自分を守ってきたのです。

しかしそうやって自分に嘘をつき続けると、自分がどう感じているのか分からなくなります。私はこの学びを始めた頃、どう感じるの?快なの?不快なの?とよく先生から言われました。それすらも分からないほど、自分の感情、感覚がわからなくなっていたのです。

他人からどう見られているかが主体となり、自分がどうしたいのか、どうありたいのかが解らなくなっていたのです。自分に嘘をつくことは、自分を無視して自らを傷つけているようにも思いました。


自分に正直でありたい。

それは、そのままの自分が自由に何でも思い、感じていいことと思います。

それが自分に対する誠実さなのだと思いました。


最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page