top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。

そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。


以下はひろゆきの言っていたことですが。

「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。

自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでしょうか?という話です」


全くもってその通り。


誰かに機嫌をとってもらったり、お金を使って自分の機嫌を取るにはコストもかかるし、時間も労力もかかります。何よりも、いつまでたってもそのループから抜け出せない。

私もこの勉強をする前は確かそうだったな〜と、思い出しました。


お酒を飲む、馬鹿騒ぎする、物欲に走る、誰かに愚痴る、結局のところ、自分の問題からの逃避、ということだったと思います。しかも、自分が正しいというパターンが強かったので、尚更自分の問題とは思えなかったです。このループでした。


自分の面倒は自分でみていく。経済的にも、精神的にも。

本質的な「自立」が一番大事なのだと改めて思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page