top of page

認められたい、大切にされたい、理解されたい、愛されたい・・・etc


そういったパターンは誰にでもあると思います。そしてそのパターンが強かったとき、私は他人に認められることを、大切にされることを、愛されることを求めていました。

他人を使ってパターンの求めるものを埋め、満たしていたのです。


具体的には、自分を省みずに、問題は他人にあると決めつけて、自分の正しさを説いて回ったり。

大切にされたいがために、自分を犠牲にして、他人を優先したり、愛されたいがために、お金を使って愛を得ようとしたり、とにかく他人から自分が求めているものを得ようとしていました。これは一見、自分も相手に渡しているものがあるから等価交換のようにも見えますが、実は全て自分のための取引を勝手にしていたということです。なので、求めているものが得られないと当然腹が立ちます。こんなにしたのに感謝がない、思いやりがない、わかってない、つまり、見返りがないと。


認められたい、大切にされたい、理解されたい、愛されたい、きっとそれらのパターンは本当は、両親からその想いを貰いたかったかったのだと思います。でももうそれは叶わない現実がある。だからこそ、ワークを使って自分で自分を満たすことが大切なのだと思います。


まずはそれが、自立のための、一丁目一番地。

そこから全てが始まる。


最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page