top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分のケア、パターンのケアをしてこなかったら一体今頃どうなっていたのか・・・

多分、すごい苦しんで、病気になっていたかも知れないし、出来る限り他人との関わりを持とうとしなかったかも知れないです。いずれにしても、相当な苦しみと辛さを抱え、それを紛らわす為に何かにすがっていたと思う。


そして今、自分のパターンのケアをせっせとしているわけですが、これがまた自分でやるしかないというものなんです。昔はカウンセラーや友人に話を聞いてもらい、その時はスッキリするのですが、その時だけなんです。時間が経つとまた元に戻ってパターンに引っかかりまくるという日々でした。

結局、そこ(パターンのケア)を自分でやらないと、前には進めなかったのです。


今なら痛いほど分かります。自分のパターンのケアは、自分でやるしかない。

ダイエットや筋トレと同じように、誰かが代わりに出来ないし、近道もない。

そして新たな白パターンを選んで自分を構築していく。


これって、一番大事なことなんだと思いました。


最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page