top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近毎日インナーチャイルドに会いに行っていると、痛感することがあります。

自分の中にあるパターンやインナーチャイルドは、全て自分で面倒をみることができるということです。


確かにこのパターンができたのは親のせいだ、育った環境のせいだと思い、捻くれていた時期はあります。ですが、今こうしてその時に作られたパターンやインナーチャイルドに会いに行っているうちに、そのことはどうでもよくなり、今自分がこのパターンやインナーチャイルドの力になれている事、そして面倒を見れることの方が明らかに大切なことなんだと思いました。


過去の出来事や環境を嘆くよりも、寧ろ今、自分がなすべき事ができること、そこに充実感を覚えます。自分で自分の面倒をみるって、これほど満たされるものなんですね。


自分でできるって、素晴らしい。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page