top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分が好きか?と聞かれたら、どうだろう・・好きではないかもしれないな、というのが正直な感想です。そして時々無性に自分が嫌になる時があります。もちろんパターンなのですが、この気持ちは定期的に訪れて、今朝がその日でした。


パターンが自分を嫌だと思うのが、思い通りの自分にならない時、進歩のない自分を見た時、いつまでも変わらない臆病で弱い自分を感じた時、そうであると、イライラして悔しくてストレスを感じます。


だから、自分が嫌だとパターンは言います。


以前の私は、そんな自分を乗り越えようと、必死に頑張り、奮闘していました。

強さの象徴とは、出世か、お金か、社会的地位か、権力か、それを代替えとして頑張っていたんですね。しかし、本当の強さとは、外側のものではなく、内側の強さです。それは覚悟であり、勇気であり、本気度であり、その人の芯となるものです。


この芯を作るために、今も学んでいるわけですが、人の内側の成長には時間が必要だと最近ようやく解ってきました。「自分が嫌だ」というパターンにも時間をかけて、ゆっくり語りかけていこうと思います。もう思い通りにしなくていいと。


最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page