• 渡邊 優

相変わらず自立をテーマに毎日を生活しています。

自立するということは、一人で考えて、一人で決めて、一人で決めたことを行動に移す。そこからしか自分の中に根付く自信や、強さは育たないと思いました。そこには自分に対する責任や、引き受けていく強さや覚悟が必要になります。それが、自立につながるのだと思いました。


一人で考えて、決めて、行動することを、私はやっていきたいのだと思います。

それをすることによる本当の強さや自信、そういったものを自分の中で育てていくことを私はやってきませんでした。だから今やりたいのだと思うし、一つの課題だと思います。

自分を育てることだけでしか得られない、自分だけの強さや自信です。


何か人よりも優れたもの(お金、家、車、宝石など)良いものを持つことによる自信は、それがなくなったときに自分を支えられなくなり、とても脆くて弱いものです。誰かに、何かに(会社に)依存することもそう。その人や組織がなくなれば同時に自信もなくしてしまいます。


しかしそれは本当の強さや自信ではなく他人から与えられたものです。

自分が育ててきたものとは違う何かです。


自分が育ててきたものでしか、自分を支えられないのだと思う。

それには、一人で、というのが鍵になってきます。


今日も一人で考え、歩んでいこうと思います。



最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側