• 渡邊 優

肩書き・・・

お医者さん、教授、先生、社長、役員、部長、トレーナー、コーチ、主将、軍人、男、女、主婦、ピアニスト、芸術家、カウンセラー、政治家、etc


数え上げたらキリがない肩書き、そんな沢山ある肩書きに、お〜この人すげ〜、とか、きっと立派なんだろう、とか、大した事ないな、など、肩書きをもとに人を判断している時があると、先日の道場の個人セッションで気づきました。


そんな肩書きのことををよくよく考えてみると、肩書きとはただ一つの役割なのかもしれないと思いました。その役割に良いも悪いもないのかもなと。そんな肩書きを中立ワークで考えてみると、、、



肩書き

責任を全うする、その人を成長させる、専門性、他のために使う、世のために働く、そのために努力する


0 ただ一つの体験、ただ一つの役割、人による、絶対ではない


あぐらをかく、ふんぞりかえる、振りかざす、自分を満たすために使う、自分自身だと勘違いする、他をジャッジする



ちょっと考えただけでも全く違う意味づけが出てきました。

肩書きという一つの役割にどんな意味づけをもたらすのか、肩書きに振り回されず、それでいてちゃんと理解できる自分でありたいと思いました。この辺りの意味づけは定期的に点検していきたいと思います。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。