top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先日の先生とのセッションを終えて、軽いショックを覚えています。勿論そのショックは、自分がやってきたことが全てパターンであり、自他への承認を求めていたことへの「今まで自分は何をやっていたんだ!?」というパターンが思うショックですが、そもそもの、私が持っている自分の固定された意味づけというものを改めて考えています。


あらゆる物事における意味づけというものは、時代の変化や人間の成長によって変化するものだと思います。それは広く柔軟に、高い見地に(ミームに)向かって、開放感を持って変化していくものだと思います。私は今まさに、そこに向かってほんの少しづつ歩いている。そのように思っています。


また固定された(黒パターンの)意味づけには人間の成長や変化がなく、閉塞感を伴い、そこの狭い世界(黒パターンの世界)で人生が展開されて行きます。それは今までたっぷりとやったので流石にもういい。というか気持ち悪い・・・です。


まずは意味づけとは何か、に対しての認識。これから考えていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page