• 渡邊 優

先日の先生とのセッションを終えて、軽いショックを覚えています。勿論そのショックは、自分がやってきたことが全てパターンであり、自他への承認を求めていたことへの「今まで自分は何をやっていたんだ!?」というパターンが思うショックですが、そもそもの、私が持っている自分の固定された意味づけというものを改めて考えています。


あらゆる物事における意味づけというものは、時代の変化や人間の成長によって変化するものだと思います。それは広く柔軟に、高い見地に(ミームに)向かって、開放感を持って変化していくものだと思います。私は今まさに、そこに向かってほんの少しづつ歩いている。そのように思っています。


また固定された(黒パターンの)意味づけには人間の成長や変化がなく、閉塞感を伴い、そこの狭い世界(黒パターンの世界)で人生が展開されて行きます。それは今までたっぷりとやったので流石にもういい。というか気持ち悪い・・・です。


まずは意味づけとは何か、に対しての認識。これから考えていこうと思いました。

最新記事

すべて表示

自信と強さ

相変わらず自立をテーマに毎日を生活しています。 自立するということは、一人で考えて、一人で決めて、一人で決めたことを行動に移す。そこからしか自分の中に根付く自信や、強さは育たないと思いました。そこには自分に対する責任や、引き受けていく強さや覚悟が必要になります。それが、自立につながるのだと思いました。 一人で考えて、決めて、行動することを、私はやっていきたいのだと思います。 それをすることによる本

リベンジならず

昨日の鰆はリベンジならずでした。 4人で行ったのですが誰も釣れず、自然相手の厳しさを目の当たりにしたのです。 それは、自然相手には全く思い通りにならないというものでした。人間相手には思い通りにならないとパターンは騒ぎますが、自然相手だと全く騒ぎません。なぜでしょう? 人間相手にパターンが騒ぐというのは、自分より下の人間に対して思っているのかも?と思いました。そして自然は自分よりも上だと思っているの

春真っ盛り

私にとって、今が春真っ盛りです。 なぜなら、花粉症だから・・・ もうこの花粉症とは長い付き合いで、発症したのが小学2年生の頃ですから既に40年になります。 この花粉症、本当に厄介で、今でこそ注射も薬もよく効くようになったので随分とマシにはなりましたが、昔の薬があまり効かなかった時代では、クシャミ、鼻水、目の痒みだけではなく、顔じゅうが痒く炎症も出てきて本当に春が嫌でしょうがなかったです。 しかし最

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com