• 渡邊 優

先日の続きですが、「無視されたくなかった」へのパターンへの語りかけと白黒ワークですが、このワークをやっている時に全く結果を求めていなかったのを思い出しました。

これをやったからこうなれる、こう変われる、成長できるなどの思いや期待を一切持っていなかったのです。私たちは日常、これをやったらこうなる、なれる、または結果から逆算した目的を持って仕事などを進めています。しかし、今回は全く違った。結果も、目的も、何の期待も持たずに淡々とワークを行った結果、いいところに落ち着いた感じでした。

この結果を求めずに淡々と行うという在り方には、力みや余計な思考がなく、何とも言えない軽さがあり、結果を求めずにただ淡々とやることの重要性を実感した体験でもありました。


これをやったらこうなれるなどの思いや期待は、きっとパターンが求めているものであり、そこには理想の自分や、思い通りにしたいなどのパターンの思惑が働いているのだと思います。


他意のない純粋な思いからの語りかけや白黒ワーク。これが一番大事なことだと気付かされた経験でした。




最新記事

すべて表示

他人との比較

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。 そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。 今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと

節目

先日は成人式で、私の姪っ子もついに新成人となりました。 そのお祝いも兼ねて実家に行ってきました。孫の晴れ姿を見て、爺ちゃん婆ちゃんは感慨深かったらしく、その目には涙が浮かんでいました。小さい頃から見ている孫の姿に色々な思いがあったのでしょう。孫へと注がれる確かな愛情を感じました。いいもんだな〜、家族は。 そして両親の話を伺っていると、今年で結婚50年を迎えるとのこと。半世紀です・・・ ふたりの様々

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com