top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。

パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。


しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、どこに続くのかわからないから驚きがあって楽しいのかもと思うようになりました。

今まではレールがあって答えがあることに正しさや安心を覚えましたが、分からないことを自分で考え探していくという楽しみ方は、この学びで初めて体験しました。だから、終わりがないのだと思います。自分という人間を知り、さらに知り、されど完全にはまだ知ることができない。そして白パターンを選んで行動に移し、その体験からまた新たなものを得ていきます。進化という新たなものをです。


進化に終わりがないのと同じように、魂にも終わりがないのだと思いました。

進化を実感できるから面白い、そこに醍醐味を感じます。

終わりのない醍醐味を。


そのために今日も白を選びきります。

最新記事

すべて表示

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

色々な甘え

色々な甘えがある中で、今日はもういいかな、今日ぐらいいいかな、そんな甘えが頭によぎり、そちらに流されてしまう・・・なんてことがあります。 甘えをなくしていくというのは、そんな些細な甘えにも目を配り、自分を律していくことだと思いました。他人への甘え、自分への甘え、そこを正していくには意志力が必要です。今私は、その意志力も育てていこうと思います。黒パターンに流されない意志力です。 「人は弱い」とよく聞

Comments


bottom of page