top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

過去のことをふとしたときに思い出して腹を立てたり、悔しかったり、悲しかったり、寂しかったり、ということを経験したことはあると思います。そんなとき頭では、もう過去のことだから、終わったことだからと言って無理に自分の中で片付けたりもします。でもまたふと思い出す。そして同じように悲しくなったり寂しくなったり、はたまた悔しかったりと同じ気持ちが蘇ってくる。それは、終わっていないということだと思いました。


つい先日も、中学校のころの遠い昔の記憶を思い出しました。両親がリビングで私の陰口を言っていたのです。恐らく聞こえていないと思ったのか、聞かれていいと思ったのか定かではありませんが、当時はとても悔しくて、腹を立てていたのを覚えています。そして今ではその奥に、すごく悲しくて寂しい気持ちがあるのがわかります。愛されていないような、大切にされていないような、そんな寂しさです。


きっとインナーチャイルドとして残っているのだと思います。

これぐらい昔の出来事でも、終わっていない出来事ってあるんです。

今はそのインナーチャイルドと共に一緒にいて癒していますが、それが出来ないとずーっとその子はその感情を抱いたままこれからも寂しい思いをするのだと思う。それはあまりにも気の毒だと思いました。


一つ一つでいい。こうして終わっていない出来事を消化できたらいいと思う。

それが唯一私にできること。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page