• 渡邊 優

サーフィンをしながら波待ちをしている時に、いつもの、「負けたくない」「舐められたくない」「俺の方が上」「全て思い通りじゃなきゃ嫌だ」これ系のパターンを見ながら語りかけをしている時にふと思ったことがありました。「あれ?そもそも俺って、昼間から好きなことやって、ご飯が食べれて、家族がいて、仲間や友達がいて、自分のための学びができて」これってすごく幸せなことなんじゃね?と一人ツッコミを入れ、パターンはあるものはあるとして、大事なことを忘れていたような気がしました。それは、こんなに恵まれていたのに感謝していなかったのです。むしろ思い通りにならないことに不満さえ覚えていた。


雲の隙間から覗く太陽を見ながら、「違う、違うぞお前!」と、そんなことを諭されたようでした。

そうすると先程まで抱いていた不満が溶けていくような感覚となり、この感謝の気持ちは決して忘れないで、この胸にしっかりと抱いて日々を生活していこう。


そんな基本的で大切なことを教わった午後の陽だまりでした。



最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで