top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「私」を育てる、あらゆるものを使って。

ワークは勿論そうですが、白パターンを選び、実際に行動に移して実践することによって、意識的な自分が育ち、「私」が育ってくるのだと思います。


そして「私」が一番育たない状態が、何かに、誰かに依存している状態なのだと思いました。

それはテレビでも、スマホでも、人でも、物でも、お金でも、何かにとらわれている状態はすでに選択権が自分になく、意識的な自分になれないのだと思います。だから常に意識する実践が必要なのだと思いました。

こう書くと常に気を張って、緊張しているような状態を想像します。私もそのような状態は疲れて疲弊するのではないかと思っていました。


しかしそこに必要なのは意志力で、しなければならないではなく、したいという思いです。

気合でもやる気でもなく、もっとクールで、どこか冷めた思いです。

パターンが落ち着いてくるとあらゆる魂の思いが湧き上がるように思いました。


今日も私を育てるために、意志力を使っていきます。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page