top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

毎日本当に暖かいです。

この季節、寒の戻りがあってもいい時期ですが、それもなく、春を通り越してまるで初夏のよう。それほどの季節感を感じさせるこの異常気象、本当に何があってもおかしくない時代なんだと実感しました。パンデミックに地震、気候変動に地殻変動、山々の噴火、様々な自然災害がありますが、必要なことは準備と覚悟、この二つのように思います。


見えない未来に対して無闇に不安や恐れを抱くのではく、自分の未来に対して、自分で作れる未来については作っていけばいい。それが、準備と覚悟なのだと思います。この二つがあれば、その時がきても冷静に対処できると思いますし、想定外が起っても覚悟を持てると思うのです。


「何があっても、私はやっていかれる」

先生から教えてもらった、最近やっている瞑想ですが、このベースを作っていくのは大切なことです。それは自信や経験からなるものではなく、人が本来持っている、内側にあるものを信頼していくというものです。それは、強さであったり、勇気であったり、行動力であったり、創造力であったり、受容力であったりと、人間の内側の力です。

そんな目に見えない、人間の力を信じて生きていく。

それが、これからの時代には大事なのかもしれません。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page