• 渡邊 優

毎日本当に暖かいです。

この季節、寒の戻りがあってもいい時期ですが、それもなく、春を通り越してまるで初夏のよう。それほどの季節感を感じさせるこの異常気象、本当に何があってもおかしくない時代なんだと実感しました。パンデミックに地震、気候変動に地殻変動、山々の噴火、様々な自然災害がありますが、必要なことは準備と覚悟、この二つのように思います。


見えない未来に対して無闇に不安や恐れを抱くのではく、自分の未来に対して、自分で作れる未来については作っていけばいい。それが、準備と覚悟なのだと思います。この二つがあれば、その時がきても冷静に対処できると思いますし、想定外が起っても覚悟を持てると思うのです。


「何があっても、私はやっていかれる」

先生から教えてもらった、最近やっている瞑想ですが、このベースを作っていくのは大切なことです。それは自信や経験からなるものではなく、人が本来持っている、内側にあるものを信頼していくというものです。それは、強さであったり、勇気であったり、行動力であったり、創造力であったり、受容力であったりと、人間の内側の力です。

そんな目に見えない、人間の力を信じて生きていく。

それが、これからの時代には大事なのかもしれません。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側