top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

難高校の教師、橋本武先生の「一生役立つ学ぶ力」を読みました。

私の国語の先生です!


当時100歳(今は亡くなっておられます)を越える橋本先生の押しつけなく、淀みない文章からは、先生の優しさが伝わってきます。

そして学ぶことへの楽しさを生涯を通じて生徒に伝えていった、先生の熱意と暖かさが垣間見れました。


私にはこの日記、文章を書くとことに苦手意識を持っています。

元来、自分のことを書く、伝えるということに慣れていないのもありますが、自分の書いた文章に対して他人の評価を気にするというパターンもあり、苦手意識が消えることはありませんでした。


しかし橋本先生は、文章を書ことに対して、自由に書きなさいと言います。

それこそ千差万別、十人十色なのだから、人のものを読んだ時は「違い」を学び、自分の文章を書くときは、自由に考えて好きに書けばいいと。文章は上手い下手よりも気持ちが一番大切だと仰っています。文章を読んだ時に心を打たれるのは、その人の気持ちだと。


だから、書いて書いて書きまくれと!

そうこうしているうちに文章に必要な、集中力や構成力、思考力が自然と身につき、書くこと(学ぶこと)に対する楽しさや喜びを感じられるようになると教えているのです。


今回も背中を押してもらえる良い本に出会えました。

時空を超えて、橋本先生の授業を受けている気がします。

先生ありがとう!



最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page