• 渡邊 優

シントラ声明を年に一度必ず読んでいます。

今年の一発目の本が、シントラ声明でした。この本は毎年読む度に理解が深まり、実感として体に残ります。シントラが常に問う、己の自己を見よ。煩わしいと思うことから目を背けるな、そこからが魂の入り口なのだと。これほどまでに的を言い当て、腹に届く言葉はないと思いました。

この本を読んでいると、未熟さや不完全さが決してダメなことではなく、当然のことであり、寧ろ完璧になろうとしていること自体が間違いであることに気付かされます。全てパターンが求めていることではありますが、そのパターン(自己)があることを認め受け入れることからしか、進化は始まらない。そう書かれていました。

最近少し分かってきた事が、わずか120ページに熱く熱く書かれているのです。

非常に厳しいシントラですが、きっと私たちの魂のことを心底思っての言葉だと思いました。


何度でも読み返したい、私のバイブルです。


最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで