• 渡邊 優

シントラ声明を年に一度必ず読んでいます。

今年の一発目の本が、シントラ声明でした。この本は毎年読む度に理解が深まり、実感として体に残ります。シントラが常に問う、己の自己を見よ。煩わしいと思うことから目を背けるな、そこからが魂の入り口なのだと。これほどまでに的を言い当て、腹に届く言葉はないと思いました。

この本を読んでいると、未熟さや不完全さが決してダメなことではなく、当然のことであり、寧ろ完璧になろうとしていること自体が間違いであることに気付かされます。全てパターンが求めていることではありますが、そのパターン(自己)があることを認め受け入れることからしか、進化は始まらない。そう書かれていました。

最近少し分かってきた事が、わずか120ページに熱く熱く書かれているのです。

非常に厳しいシントラですが、きっと私たちの魂のことを心底思っての言葉だと思いました。


何度でも読み返したい、私のバイブルです。


最新記事

すべて表示

嫌われる勇気

嫌われる勇気か・・・ 嫌われてでも、何かを伝えなければならなかったり、嫌われてでも、本当のことを言わなければならなかったり、嫌われてでも、憎まれてでも、自らが壁となって立ちはだかったりと、相手のことを思うからこそ憎まれ役になりるなんてことは考えたこともなかったです。嫌われて傷つく、ヘコむことはあっても、自ら嫌われ者を買って出るなんてことは一度もなかったと思います。黒パターンでの嫌いはありましたが。

プライドという罠

自分を見ていると、プライドがまだまだ高いな〜と思ういときがあります。 それは誰かに何かを言われたり、されたりした時、このプライドが出てきて、プライドを傷つけられた、プライドが許さないと言います。 また自分のプライドを守るためならなんでもするとも言います。 それは言い訳であったり、人のせいにしたり、他人を責めたりして、とかく自分が悪くないように、自分のせいにならないようにと、自分を守るための保身でも

幸せって・・

今日も白パターンを選ぶべく朝からワークに実践と勤しんでおります。 こうして毎日学べることって、すごく幸せなことだと思いました。 苦しい時もあり、達成感を感じる時もある。どんな場面にも学びがあり、そんな環境が幸せだと思うのです。 何かをやり遂げてしまった後よりも、そのプロセスの方がきっと何倍もハラハラ、ドキドキがあり、そこから沢山学んで、自分の血と肉にしていく。白パターンを上手く選べた時もあれば、そ