top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

前回の日記に書いた「あなたとピアノしかない」の先生からの教えを私なりに解釈すると、「私とパターンしかない」という理解に落ち着きました。


確かにパターンが騒ぐ時それは、他人の言動だったり行動だったりします。でもそれはキッカケにかすぎず、騒いでいるのは私のパターンたちで、そこをちゃんと理解できているかどうかで、私の在り方が変わってくると思います。


他責なのか、自責なのか・・・

ここの違いは大きいと思います。私も随分この部分は引き受けるのに苦労しました。他人から何か言われる度に、あの人がああ言ったからこんな嫌な気持ちになったんだ。こんな気分にさせられた。そう思っていました。しかしその世界は主導権が他人にあり、自分は被害者という被害者意識でいたのです。その方が周りは同情してくれると思っていましたし、自分は悪くないという、自分は正しいというパターンまでも守ることができました。きっとプライドも守っていましたね。しかし主導権が他人にある以上、自分に主体性がないことに気がついたんです。私はその時どうありたいのか、どう行動したいのか、他人のせいだと嘆いて終わるのか、自分の問題だと引き受けて向き合うのか。ここが、パターンでいるのか私でいるのかの大きな違いのような気がします。


自分の中で起こっていること、それは「私とパターンしかない」

それ以外に存在しないのだと思う。


最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page